忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

動画ページはこちら
戦闘ログはこちら
フェンリルの細かい性能に関してはこちら(過去記事)

さてようやく疲れと興奮が収まってきたので、軽く解説を書きましょうかね。
今まで散々戦いの流れは頭にあったのですが、完全にうまくいくことはありませんでした。
まずは自分の中の理想の戦いの流れを書くと、

BC外で空蝉と食事を済まし、フェイントを使ったらすぐにBCにインする。

イベントを連打で抜ける。

フェンリルに近づき感知されたら風遁の術:壱をする。

殴ってフェイントを発動させてパラリシスアローを打ち込む。

4割くらいまではできる限りWSダンスを使い、ある程度は早く削っていく。

4割くらいからはTPを温存し、通常殴りで削っていきアストラルフローを待つ。

アストラルフローが来たら、シャドーステッチを使って逃げる。
(バインド効果なかったらとんずらも使う。)

5割くらいからはシャドーステッチを多めにしつつ、削っていく。

麻痺が切れたら後ろを向き、フェイント実行後風遁の術:壱をし空蝉の枚数を気にしつつ、
殴った後パラリシスアローを撃っていく。


2割を切ってピンチになったら絶対回避+イカロスダンス。
ピンチになるまで温存で、追い込み用に使うというやり方はしない。


実際今まで何がうまくいかなかったかというと、
中盤のパラリシスアローの再度発動でして、何が問題だったかというと、


・中盤以降なのでルナークライを食らってる状況がすさまじく多い。
・アスフロ後だったりするので、HP回復とか建て直しで大変なのに、
麻痺が切れて更に建て直しがgdgdになること。
・上記のルナークライの関係で、まずフェイント効果中に撃たないとまず当たらないのだが、
当たったからといって100%発動なわけでもなく、ちょっとでも効果が出る可能性をあげようと、
風遁の術:壱を撃ったら、空蝉が2枚くらいはがれててまたパニクルw

短的にいうと色々麻痺のかけ直しがきつかったということです。
んで今回半分奇跡的にすんなり麻痺が決まったので、元の予定とちょっと変わってきた。
何を変えたかというと、

5割くらいからはシャドーステッチを多めにしつつ、削っていく。

これを意地でもダンスオンリーにしました。
なぜかといえば、ここで時間をかけて削ってしまうと残り2割のやばいモードで、
麻痺をかけなおさないといけなくなると思ったからです。


幸い麻痺が決まってましたので、途中危ない場面は多々ありましたが、
全て自分の都合のいい結果になると信じて、
こうなるといいな~的な空蝉の張り方してましたw
以前も書いてたけど、こんなの申し訳ないけど運が絡まないと勝てないので、
都合のいい選択肢を選んで、失敗したらまた今度みたいな戦い方じゃないと、
私の能力では一生勝てませんw
ぶっちゃけ理論上の話をよくする人がいますが、理論上の話をしだしたら、

回避で戦うジョブはたまたまの被弾が10発くらい続いて死にましたとか
それもぶっちゃけFFXIというゲームではあるんじゃね~かと、思ってたりもしてますw
フェンリルなんて全部の履行がエクリプスバイトだったら、
まず何があっても勝てないわけです。


ということでシーフソロフェンリル戦の極意は、全て自分の都合のいい選択肢を選び、
ダメだったらまたやるという根性があるかどうか?
なんじゃないかと思います。
理論上とは変わったという話でいえば、本当は絶対回避はもうちょい後で使いたかった・・・
でも後から考えたら、どう考えてもあそこで使ったのはGJだよなと思ったりw
そのせいで終盤の削りはドッキドキでしたがね。
PR
コメント頂ける と喜びます。
                                     
名前
タイトル
コメント
パスワード
秘密 チェックすると管理人だけに、表示することができます。 ※見た目何も反映されません。
おめでとうございます!
動画見させていただきました。
蝉1張ってるときの麻痺、2アビ使う時のWSミス
「運も実力のうち」とは言いますが、まさに実力があってこその物だと思いました。

これからも師匠目指してがんばります!

アイテムは何もらったのかな~wちょこっと気になりますw
Tomfung URL 2006/12/10(Sun)00:39:42 編集
Re:おめでとうございます!
運も実力のうちというか、運良かった時に勝てたって感じなんだよね。
WSミスの素回避とかも、一般的には運という言葉で片付けるけど。
回避キャップに近い装備を選び、しかも盾装備してて、
フルダメで食らうほうが本来は運が悪いくらいなんだよね。

ちなみにもらったのはフェンリルストーンです。
【 Maxil(管理人) 】
無題
遅くなりましたが動画みさせてもらいました~。
HP少な目になると履行が鬼ですねぇw 自分も
やってみたくなりましたけど、まだガルーダしか
倒してないや・・(/ω\)
たまご忍 URL 2006/12/10(Sun)01:55:34 編集
Re:無題
あらま~、召喚戦やってなかったんですね。
名声上げのいい方法とかネットで調べられるんで、
効率よく名声上げて、やってみてください。
【 Maxil(管理人) 】
無題
かなりお久しぶりですが、こんばんわですー
GameCamLiteによる動画撮影は未だに成功してませんが
その節では大変丁寧な説明をして頂きありがとうございました

そしてーーかなり熱い戦いを魅せて頂きました。

私と同じパラリシスアローを
戦術に組み込んで愛用してくれている方が
変な感じですが聖牛研究家Maxilさんなのは嬉しいですのぅ

私は赤ですがパライズでは麻痺の通らない相手でも"追加の麻痺"なら
入る事を知ってからは愛好しています(完全耐性は×ですが)
こんな素晴らしいアイテムですが競売には流れないので
本体は木工、倉庫に練金裁縫をさせて自作してます。

しかし動画の方ですが後半のエクリプスバイトの選ばれ方がすごすぐる。このままでは光と闇のバランスが崩れてr
確立では1/5ですよねぇ…物凄い勢いで連打してましたが

シーフが回避ジョブなのは当然ですが
赤から見ると羨ましいくらいに…と言うか此処まで回避出来るものなのですね
闇耐性が無かったらブラボルで吸えるのでHPも心配も少ないのでしょうか
にしても、シーフを象徴する不意打ち、だまし討ちの両方が封じられていなかったら赤や忍より強そうですね

人事ながらマンダウを持ったら何処までハジけるのか【興味があります】


何時も思いますが、
ソロの大家と呼ばれる人達が集まって何か出来たら楽しそうですね
5人で神威とか…真龍とか

ああ。なんで狼鯖にはソロプレイヤーが不在なんだろうか
AAEV85連敗の狼のエル赤 2006/12/11(Mon)03:04:42 編集
Re:無題
やっぱり、パラリシスアローの問題は競売に流れないことですね~。
性能も良くわからんと、競売に出しても値段高すぎで無理だしねw

エクリプスバイトは前半が少なすぎたみたいです。
なので、トータルで見るとむしろ回数は5分の1より少なかったかな。
最後に来るのはもちろんたちが悪いですがね。

変な話だけど、ソロでこれくらい出来る人じゃないと、
勝てない相手ってのはあんまりいないんですよね~。
なんだかんだで人海戦術で、ほとんどどうにかなってしまいますしね。
【 Maxil(管理人) 】
無題
パソコン壊れているうちに犬が死んでいた(  Д ) ゚゚
すごいです!おでめとうございます!
早くパソコンなおして動画みたい・・・
これからも新しい挑戦期待しています
もき 2006/12/14(Thu)18:01:51 編集
Re:無題
残念ながら、愛犬フェンリルはお亡くなりになられました。
短剣でザックザク挿してたら、パタっとたおれt。
動画は結構後半は面白いですよw
【 Maxil(管理人) 】
無題
今さらながら拝見しました。
すごいの一言です。シーフの回避がここまでとは、、
そしてシャドーステッチのバインドがこんなにすばらしいとはw
なんにしてもMaxilさんのソロのスキルの高さに感動しました。
いい動画ありがとうございます<(_ _)>
とんずら(名無し) 2007/05/08(Tue)14:36:27 編集
Re:無題
シャドースティッチも確かにあの場面で非常に有効なのですが、
片手剣を持ってフラットブレードを撃つっていうのもかなり有効のようです。
盾を持って戦っていたので、色々考えた結果シャドースティッチを選択しました。
【 Maxil(管理人) 】
この記事への トラックバック ※管理者が認証してからの掲示になります。
この記事にトラックバックする:
後手に控えしは
Maxilさんがフェンリルを討伐したそうな。 いやーあれはすごいね。ほんとすごい。 聖牛ソロ達成されてた時も驚きはしたが 今回のはそれ以上に驚嘆すべきものだね。 一応私もやったから分かるんだけど フェンリルは他
URL 2006/12/(Sat)17::19
挑戦シリーズ~AncientGoobbueII
うわあああああああああーーーーーー
URL 2006/12/(Sat)23::33
外部リンク
トラックバックピープル
↓【FF11】【ソロ】【TBP】
↓FFXI-NM、HNM戦闘
↓【FF11】【動画】【TBP】
↓【FF11】【青魔道士】
カウンター
FinalFantasy XI Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved
  • seo
忍者ブログ [PR]